ホーム > 未分類

未分類 Archive

所属芸人のつぶやきどうなん。

吉本興業社長の記者会見。
失敗やったみたいでボロクソ言われてますね。
芸人が反社からギャラもらってウソをついた時から
この事件が始まったとはいえ会社の対応のまずさなどいろいろ重なってます。

吉本所属のいろんな芸人がツィッターやSNSで会社を批判してますが、
どうなんでしょう。
世間に発信してからものいうのはあかん。
自分でリスク背負って会社にいうべきです。
世間に擁護してもらえるよう仕込んでるじゃないの。

吉本擁護するつもり一切ないですが、
それなりに有名になって稼いではる芸人さんも
会社から仕事いただいて今の地位にいるんやから。
一人でえらなったんちゃうやろって部分ももっておかんとあかんかと。

年配のベテラン芸人ほど何も発信しないのが面白いですね。
聞いたことない若手芸人までが会社批判し始めました。

無濾過1000日熟成の限定販売いたします!

千日熟成POP
蔵主イチオシの超おすすめ生酒です!
 
いろんな無濾過の生原酒を2℃の冷蔵庫で長期
熟成させています。
先日、本醸造の無濾過生原酒が1000日越えて
いるので(実質1270日)試飲してみたら・・・
 
あっらぁー、すっごいおいしい。
香り控えめの角がとれて超まったりです。
食中酒として最適ですね。
長期熟成ですが超低温熟成なのでひね香もまっ
たくしませんよ。
 
呑み頃迎えましたのでリリースしたいと思います。
720ml瓶ですが、瓶口は一升瓶栓仕様の特殊瓶に
入っております。
皆様のご利用お待ちしております。
 
720mlのみ 1,574円税抜
※限定商品につき売り切れの際はご容赦くださ
いませ。オンラインはこちら ↓

ウド鈴木さん、アポなし訪問オンエアされました!

ウド鈴木ご来店
ウド鈴木さんご来店!
オンエアされました。
名古屋テレビ系ローカルはサンテレビだったのでご覧いただけなかったかも。
キャプチャ画像貼っておきまーす。

『ウドちゃんの旅してゴメン』放送時間変更のお知らせ

■放送時間変更のお知らせ
わたくしとウド鈴木さんの掛け合いご覧ください。

ウド鈴木_R

サンテレビ『ウドちゃんの旅してゴメン「奥河内 魅力にあふれる高野街道 大阪・河内長野市」』
2019/07/21(日) 12:30に変更になりました。

地元河内長野が紹介されますので皆様ご覧くださいませ。

コストコはドローンが激安

久しぶりにコストコ来ました。

いろいろ買い出しです。

ドローン

ドローンが激安。ありえへん値段。

ドローン始めてみたい方はこの機種で十分すぎます。

オススメですよ。

サンテレビ『ウドちゃんの旅してゴメン』にてオンエア予定

旅してゴメン
名古屋放送『ウドちゃんの旅してゴメン』にて天野酒僧房酒がオンエアされました。
関西ローカルではサンテレビにて7月21日(土)18:30~オンエア予定となっています。
ご覧くださいませ。

金賞受賞の賞状が届く

賞状
独立行政法人『酒類総合研究所』より全国新酒鑑評会金賞受賞の賞状が届きました。
早速、ケースに入れて店頭展示。
以前に受賞したものをクリアケースに入れて保存しているのですが、
気が付けば11枚目。
ほんといろんな出来事ありましたが、
蔵を任されてからの受賞歴なのでここんとこだけは自信もっていいのかなと。
これがすべてじゃないです。
が、出品する以上は金賞を狙うのは当然です。
製造技術のひとつの証でもあるのかなと。
どうでもいいんだったらエントリする必要ないと思っていますので。

南部杜氏のふるさとへ出張

今日はお仕事で岩手県出張。

いわて花巻空港に来ています。

花巻空港

本当は明日から酒造組合の研修旅行の予定でしたが

中止になったので急遽南部杜氏協会で打合せ。

いいお話ができました(笑)

たんぼ

道の駅

杜氏協会

岩手県、ほんまに緑が多い。

色でいうと深緑。

空気がきれいで人おらんし、とにかくだだっ広い。

いつかプライベートでこののんびり感を味わってみたい。

残念ながら今回もお仕事でございますが。

こういうところはソロツーリングがいいですね。

勝手気ままに気の向くままにバイクでキャンプしながらなんてできたらサイコー。

あとどこ撮ってもドローン映えしそうな景色ばかり。

G20が終わり・・・

大阪市内が厳戒態勢で臨んだG20も終わり

ようやく普通の生活に戻ったのではと思います。

で、弊社のお酒がG20で乾杯で使われたらしいねと

あちこちから言われるのですが、

首脳クラスの夕食会では弊社のお酒は乾杯に使われておりません。

日本酒は秋鹿でした。

G20で提供されたお酒としては

天野酒純米吟醸湖底熟成酒はリストに入っておりますが、

これは乾杯酒ではなく、各国関係者への振舞酒として提供されたものです。

勘違いされた方が確認せず情報を流したのではと思われます。

先日も酒蔵に乾杯で使われたお酒を求めてご来店されるお客様がおられました。

情報源がどこなのかわかりませんが、

少なくとも弊社が発信した誤情報ではございませんのでこの場でお知らせしておきます。

てか、地元大阪人の乾杯酒として日思うごろから使っていただける方が

よっぽど嬉しかったりします(笑)

天野酒僧坊酒の史実

河内国金剛寺で作られていた天野酒僧坊酒の史実解説本。
『河内金剛寺の中世的世界』を手に入れた。
僧房酒歴史 僧房酒歴史2
 
これね、すごいです。
天野酒の凄さが全部解説されていて
中世第一等酒であったことが細かく書かれています。
奈良や伏見を差しおいて国酒や式酒として宮廷でも使われおり、
天野酒を京の都で流通させないよう嘆願書が出るほど
圧倒的な存在感を放っていたのが読み取れます。
 
なにより1234年以前からこの地で清酒造りが間違いなくなされていたということが
何を意味するのか・・・
奈良や伊丹が日本酒発祥の地と声高らかに言えない大変な事実がここに書かれています。
 
しかーし、
地元の人が意外に中世の天野酒のことをご存じじゃない。
まだまだPR不足で私にも責任があります。
天野酒のブランド名で酒造りをしている蔵元としては
もっと世間に知っていただく活動をしていかないと。
近いうちにマスコミを通じて記事掲載していただくつもりです。
ご期待ください。

ホーム > 未分類

検索
フィード
メタ

Return to page top