ホーム

婆娑羅な酒蔵繁盛記

網戸の向うに天体ランデブー

月と金星

梅雨の合間の天体ショー

寝っ転がって窓を見たら網戸の向うに金星とお月さんのランデブーが観れました。

息子のミラーレスをひっぱりだしてパシャリ!

地平線に沈みゆく三日月に金星のアクセントがついてほんと綺麗な西の空でした。

やってしまいました。

鎖骨

自転車トレーニング中にやってしまいました。

が、先週の出来事でしてすでに手術も済ませております。

仕事しながら治しておりますが、思いのほか回復が早いです。

自転車乗るとき絶対にヘルメットはかぶりましょう。

後側頭部を地面で強打しましたがヘルメットがつぶれて守ってくれました。

日常生活にほぼ戻りつつありますのでご報告させていただきました。

病院で名前呼ばれる件

病院で名前呼ばれる件。

これ、なんとかしてほしいよな。

プライベートに関わると思うのですが

皆さん何ともおもわんのですかね。

市役所で印鑑証明もらうときは番号で呼ばれるよね。

あんなふうにできんものか。

診察室入ってから本人確認したらええねん。

病院側が呼びやすいだけの話でしょ。

もっと患者のプライベートに配慮すべきやと思うのです、はい。

近所の病院行ったらどこいっても知り合いおってかなん。

どないしはったん?って聞かれまくる~!

ダム湖底熟成酒が完売、ちょっと待ってあきらめないで!

ダム湖底酒

やはりテレビの影響は凄いですね。

ふるさと納税返礼品として地域資源を使った

「滝畑ダム湖底熟成酒」100本分が売り切れてます。

で、今回ゲットできなかった方々へのお知らせてございます。

発送時の割れ破損等に備えて予備に10本ほど在庫を別に取ってあります。

このまますべて無事発送完了すればこの10本を追加でリリースされる可能性がございます。

こちらでまたご案内いたしますので是非よろしくお願いいたします。

お散歩ツーリング

仕事を4時で切り上げてお散歩ツーリングに滝畑ダムへ。
蔵からはバイクでたったの15分。
滝畑ダム
滝畑ダム2湖畔レストラン2
湖畔レストラン
ここ河内長野市はアフター4で自然いっぱいのところへお出かけできて
日没までに余裕で帰ってこれます。
なんばまで電車で35分やし、住む分にはめっちゃええとこなんですがねぇ。
なんで人口減るんやろ、ホンマ。

デリカ菜のおやっさんご来店!

デリカ菜

道明寺「デリカ菜」のおやっさんが自転車でご来店されました。
クルマの免許返納したので自転車乗り始めたとか。

普通逆ちゃうの?
達者なおじいちゃんですが、舌の感覚はプロ中のプロ。
ネギ味噌、生姜の酒煮を試食いただき太鼓判いただきました。

「これは美味い!エエ商品もってはんなぁ」と。

決意!

河内長野市観光協会から離脱を決意。

本日市役所の方々来られたので意向をお伝えしました。

あわせて奥河内観光写真コンクールのスポンサーもやめさせていただきます。

観光マップ等への掲載もやめようかと思います。

長年お世話になりありがとうございました。

理由については敢えて申し上げません。

私には何の非もないことだけは確かです。

詳しそうな方にお聞きください。

今後は組織に入らず今まで以上に酒蔵そのものが観光資源になるようにやっていきますので

皆様お力添えをお願いいたします。

ホタルが・・・飛んでる!!!

去年の台風21号でホタル全部流されたと思ってましたが、

今日見たらゲンジボタルが数匹飛び始めてます。

彼らどこに避難してたんだろうか?

実は人間より力強い部分持っているホタルに感激!

でも、蛍イベントは中止発表しているので今年はやりません。

今から準備なんてできませんので。

あしからず。

天満大酒会2018 大盛況!

画像2_R

画像3_R

昨日は大阪地酒の祭典『天満大酒会』に出店してきました。

大阪府酒造組合加盟の蔵元14社が一同に会し

60種類ものお酒が特別価格で楽しめる人気イベントです。

大阪食材にこだわった飲食店も多数並び大盛況の一日でした。

特に鏡割りによる振舞酒ではもうごった返し状態。

ご来場いただきましたお客様は十分に堪能できたのではないでしょうか。

また来年も引き続き開催されますので今回逃した方は是非来年こそはご来場くださいませ。

ターニングポイントか?

54歳になって体力衰え、新しい感覚へのあきらめなど如実に老化を感じ始める。

で、あと何年元気に走り回れるのかと考えたときに

残された時間は非常に少ないと思うようになった。

若いうちは無駄な時間もそれはそれで勉強になると思ったが

今はこの時間がもったいない。

今年は記念すべき創業年度でもあり、いろいろやってきたことを打ち切って

結果を判断する年にふさわしいのかもしれない。

数年後、良い意味で今年がターニングポイントだったといえるようになりたいものです。

ホーム

検索
フィード
メタ

Return to page top