ホーム

婆娑羅な酒蔵繁盛記

工具メーカーのTONEは奥河内どっぷりの企業だった。

地元で4年前から操業している工具メーカーTONEに

サイクルイベントご協力のお願いに行ってきた。

TONE

産業・建築用の大物工具が主力商品となっているが

昨今は自動車や自転車の工具にも力を入れているとか。

粗加工は富田林工場で最終の仕上げ工程はここ河内長野工場で行われていて

国内はもちろん世界市場へと送られています。

 TONE2

本社機能は難波オフィスですが体裁は完全に南河内どっぷり企業。

工具好きの私としては応援したいブランドなので積極的に買わせていただきます。

9月のサイクルイベントではTONEブース出展決定で

いろいろワークショップもやっていただけそうです。

楽しみ。

この吊り橋危険につき・・・十津川村『林橋』

十津川村の吊り橋といえば谷瀬の吊り橋が有名で観光客も多いです。
そこからさらに3km南へ行くと村人が生活で利用している林橋という吊り橋があり、
あまり知られておりません。マイナーなこの林橋を撮影しに行ったのですが、
そこで死にそうな思いをしてきました。
橋を渡ったところにスズメバチの巣があり容赦なしに襲ってきます。
この吊り橋危険につき不用意に渡ってはいけません。
どうしても行きたい方はそれなりの装備で臨まれることを進言いたします。

たまに乗ってやらんと。

鍋谷峠

今日は仕事終わりのコソ練は流してバイクで鍋谷峠まで夕涼み。

夕方走るとタヌキが次から次と道路に出てきてバイクと並走しておりました。

それと情報ですが、滝畑ダムへの旧道は豪雨崩落で

復旧まで6か月くらい掛かると現場のおじさんが言うてました。

徒歩も自転車も通行は不可の由。

自転車で滝畑ダムへ行く時は関西サイクルスポーツの激坂を通ることになります。

ご注意ください。

匠の技シリーズ「控(ひか)りつけ」

もう梅雨明けしてるんとちゃいますか?
発表ないけど・・・
毎日暑い中、冷房のない現場ですが匠のスゴ技をご紹介。

今日は「控(ひか)りつけ」です。

柱を立てる土台の石を伸石(のべいし)といいますが

この上に地覆(じふく)という大きな角材を柱と柱の間に入れていきます。

のみ

土台3

土台2

土台

この木材と石との接触面をチメチメとのみで削っているんです。

で、聞いてみると石のゴツゴツした表面に合わせて木材の表面を削っているんです。

これを「控(ひか)りつけ」というらしい。

チョークの粉を石の上に撒いて木材を置いてチョークのついたところを

削ってまた置いての繰り返しを永遠と続けるこの作業。

気が遠くなります。

でもこれをやっておけば地震で揺れたときに

面と面が噛み合ってるので動かずしっかりするのだそうです。

いやぁ、ほんと凄すぎますよ昔の技術は。

これって芸術?

削りくず

土台4

納期や効率を追う今の作り方とは次元が違いすぎますね。

もう感動しまくりの修繕現場です。

絶滅危惧車種

あらま、珍しい。私と同じクルマがご来店。

アウトランダー

絶滅危惧車種の三菱アウトランダーPHEV!
思わず並べてパシャリ。

有事になったら時、このクルマの凄さがわかるのですが・・・

PHEV

えークルマやねんけど売れてない。
トヨタやったらバカ売れ間違いなしやけど。
なので妙に愛着わきます。

世界遺産「熊野古道 熊野本宮大社」4K映像

世界遺産「熊野古道」を代表する神社 熊野本宮大社を4K動画で撮ってみました。

匠の技「土壁」です。

土壁

酒蔵で田植え???いえいえ。

匠の技のご紹介。今回は土壁について。

画像では農作業に見えますがこれは土壁に使うドロを練っています。

結構臭いんですわ、これが。

今まで使われていた土壁を丁寧に回収し再使用。

当然目減しますので新たな土を追加。

さらにワラと水を混ぜ合わせます。

そしてブルーシートをかけて数週間発酵させます。

この時に異臭が出るんですね。

発酵が進むとワラの繊維が適度に広がりながら発酵するので

土壁に塗った時に強度が増すという仕組み。

こんなところにも発酵技術が使われているとは。

先人の知恵は凄い。

伐採した木が帰ってきた。

1dd1bb0e2ff50a0a999e8fbf7cbe30cc

近隣にご迷惑をお掛けしていた栂の木。

針葉が落ちまくって苦情が出ていました。

3月に伐採が決まり作業を敢行し、すっきりしたのですが

森林組合の方が気をきかせてくれて長年この地を見守り続けてきた木。

また違う形で生かせる方がいいよと伐採した栂の木を製材して持ってきてくれました。

栂板

年輪を数えると二百年以上。

うわぁ、うちの会社の歴史を見てきた木。

思い入れが出てきますね。

大きな分厚い板になっているのでDIYでぺーパー掛けしたあと、

ニス塗して脚を付けてテーブルにしよっか。

有効利用しながら大事に使っていきたいと思います。

焼肉食い過ぎた。

焼肉

夏だ、焼肉だ、ということで

毎年定番化しつつあるワンカルビ食い放題に

会社の従業員全員(一名体調不良欠席)で行ってきました。

私も久々に食べ過ぎましてぽっこり。

本日の昼食をお中元でいただいた素麺をみんなで食して油抜きしたところです

午後から時間を作って少しカロリー消費するようにします

匠の技

副頭領

国登録文化財建造物である弊社旧店舗の修繕工事が粛々と進んでおります。

これがまぁ、匠の技だらけで見ていて飽きないのです。

その一方で修繕費なんぼ掛かるねん状態です(笑)

その匠の技のいくつかを順次ご紹介していければと思いますのでご覧ください。

蟻継ぎ

金輪継ぎ

腐ったり傷んだ部分は切除し、金輪継ぎ、蟻継ぎといった特殊な形状で残して新しい桧を接ぎ木していく。

パズルのような技。

一本丸々交換すれば簡単なことでも文化財修理は手間暇かけていかせるところはいかす。

これが基本のようです。

職人の手

なにせ作業をお願いしている業者さんは女人高野「金剛寺」修復をやられているキレッキレッの面々です。

いかついです。

ホーム

検索
フィード
メタ

Return to page top