ホーム > アーカイブ > 2016-02

2016-02

今日のサイクリスト

今日のサイクリストです。

ACT

地元のサイクルショップ『ACTwith』のメンバーがお昼前にご来店。

カッコエエ自転車ずらり。

3台の総額なんぼになるんやろ・・・

朝から市内走りのご様子、寒い中お疲れ様です。

で、女性の自転車みたら私と同じエアロロード。

Livブランドのジャイアントプロペル。

コンポがアルテグラなので私んのより高級車でした。

お金持ち。

6インチSIMフリー機

夫婦共々老眼が出ていて5インチスマホでさえ見にくくなってきた。

私はまだ我慢しますが嫁さんの機種(Nexus5)を機種変すべく

思い切って6インチSIMフリー機買ってみた。

ファーウェイ

ワイモバイルはイーモバイル時代に契約したプランを

現行プランに変更するだけでさらに2年延長で持つことができます。

買ったのはファーウェイAscend mate7。

Android4.4にスペックダウンするが6インチで手頃なモノとなるとこれになってしまう。

中華ブランドには抵抗あるも仕方ない。

たかが画面がい1インチと思いきや見ると1.5倍くらいに感じる大きさです。

動作もサクサクでなかなか使いやすそう。

私自信も5月にプラン変更してさらに2年延長で持つ予定なので

次は5.5か6インチを検討してみたいと思う。

酒質向上会議

純米酒試飲会

純米酒の酒質向上に向けての打ち合わせとテイスティング。

杜氏には気を抜かず良酒醸造をお願いし、

あとは我々はできあがったお酒がダレないよう

品質管理をしっかりすることを確かめあう。

詳しくは書きませんがいろいろやらないといけないこと多数。

すぐにできることが意外とできていない。

五郎丸選手のおかげでルーティンって言葉が流行っていますが

使い方間違えると仕事のマンネリ化を引き起こしてはいないかと思うことが多々あります。

毎年同じ事をやり続けていてもより向上心をもって取り組んでいかないと衰退していきます。

戦いの後・・・

参考書

子供の受験戦争が終わり会社の応接間を片付けました。
ここで毎週土曜日に勉強していたもので。
塾から提供されたドリルやらテキストやら参考書を縦に並べてみました。
ようもまぁ、こんだけあったもんやなと感心しきり。
全部やったとは思いませんが長い戦いのしるしとして記念撮影。

僧房酒の予約販売は本日10日まで!

僧房酒-333x500

今月の僧房酒販売は抽選販売ではなくお一人様2本までのご予約販売となっています。
本日10日までのお申込となりますのでお早めに!
http://shop.amanosake.com/products/detail.php?product_id=30

酒蔵アジトにホワイトボードを設置

ホワイトボード

会議するにはやっぱりホワイトボードが要る。
ホワイトボードってなんぼくらいするんやろ。
って調べたら意外に安かったの7,980円(横幅180cm)。
ヤフオクで中古の出物を捜そうとしたがアスクルの
アウトレットで安く買えたのはラッキーでした。
捜せばあるもんですね。

酒蔵どおりプロジェクト会議

酒蔵どおりプロジェクト

酒蔵どおりプロジェクトメンバーで今年の活動計画を立てるべく酒蔵アジトで会議をしました。

今日は電気カーペットを持ち込んだのでめちゃめちゃ快適。

私個人の活動部屋としてでなく地元町会の皆さんにも使っていただけるようにしていく予定です。

この部屋を起点にいろんな活性化が生まれていくことを望んでいます。

今日のサイクリスト

今日のサイクリスト

猪名川サイクリングクラブTENのメンバー。
兵庫県川西市からご来店。
川西から走ってくるかぁと驚きです。
奥河内も少しずつ認知度上がってきているのか?

川西→大阪市内→石川サイクルロード→酒蔵→金剛寺→水間観音→川西って凄くないですか。
総距離150kmだけどアップダウンがかなりありますからね。
日没までに帰りたいと言ってましたがたぶん・・・
タフライド愛好家には南のこの地はちょうどいいんでしょうね。

今日のサイクリスト

今日のサイクリスト。

今日のサイクリスト
これ酒蔵の風景とは到底思えないほどの自転車の数ですね。
のんびりサイクリングクラブの方々で大阪府下あちこちからのご参加のようです。
石川サイクルロードからくろまろの里そして酒 蔵へ。
プチ蔵見学のあと酒饅頭を食べて大阪市内方面へと北上されていきました。
来週からまた暖かくなる様子。
週末も自転車が増えそうな気配です。

まち歩きツアーの酒蔵見学

まちあるきツアー

河内長野市主催のまち歩きツアーで酒蔵見学。
遠くは京都や箕面からの参加者も多数おられ和やかな雰囲気で蔵を見て頂きました。
日本酒の歴史における天野酒の位置づけからお酒のできるまで。
さらに裏話まで興味深く聞いて頂けたのは説明する側としてもやった感があって楽しい。
一番の褒め言葉は「こんなに分かり易い説明は初めて!」これ以上はないです。
ありがとうございました。

最後はアンケートに答えていただき後日、結果が返ってきます。

ホーム > アーカイブ > 2016-02

検索
フィード
メタ

Return to page top