ホーム > アーカイブ > 2011-09

2011-09

台風の被害を見て

超ノロノロ台風の影響で和歌山、奈良で甚大な被害が出ていますが
3.11の東日本大震災の後ということもあり、被害の規模が震災に比べて
小さいこと、国民全体がまたかという失意に落ちていること、そして
震災で多額の義援金を寄付したからという部分で今回の被災地への関心も
低いように感じています。報道ステーションでも言ってましたが、あの
雨は紀伊半島の森林豊かなエリアで降った豪雨だからあの被害なので
あって東京などの都心で同じ雨が降れば人的にももっとすごい
ことになっていただろうと。なるほどその通りです。今も山の土が
保水してくれて被害を止めてくれているんですよね。
今年の二つの激甚災害を見る限り、防災は口で言えても無理。
人間が作ったあまりに早い自然環境の変化を受け入れて
減災に心がけるしかないでしょう。

平成の大修理か?

 
先日の大雨で仕込み蔵の屋根裏に上がってみると雨漏りがかなりひどい。
特に木造建築は雨漏りを放っておくと痛みが早くなりますので要注意。
来月には蔵人が来るし、今から屋根の葺き替えが間に合うのか。それ以上に
費用がどれだけ掛かるのか考えただけでも恐ろしいです。私の代になる前に
やっておいてくれたらと思うばかり。とりあえず見積もりを取って検討に入ります。
工期と資金面が合わない場合は応急処置でしばらくしのぐしかないですな。

古い建物を維持するのは大変です。

なにやらど派手な眼鏡屋さん

今週は鏡開き用の樽酒の注文が多く、大阪市内や千里などホテルへの
配達に奔走しています。大阪市内に入るときに生野区の百済の前をいつも
通るのですがここに気になる眼鏡屋さんがあります。松倉めがねというお店。

生まれてこの方眼鏡を買ったことがなかった私が老眼鏡をするようになり
このど派手な看板が目に入り、思わずカメラに納めてしまいました。
店の周りの家々の壁にどでかい看板をこれでもかとべたべたに貼付けしていて
この写真の向かい側、つまり私が撮っている道路沿いにも
松倉めがねの看板がいっぱい貼られています。このセンスのない
コテコテの看板が妙に目を引きます。ジンズや眼鏡市場の真逆。
ネットで調べてみましたら大阪の激安眼鏡店として知る人ぞ知る
お店のようですね。めがね3本で5,000円の激安店として紹介されて
いました。大手チェーン店も顔負けの大阪の眼鏡屋ってところでしょうか。
土日は行列ができるほどの人気だそうです。
今の眼鏡に飽きたら一度覗いてみようかと思います。

日曜日の南河内歴史ウォークは酒蔵がゴール

9月11日日曜日は第1回南河内歴史ウォークが開催され、弊社酒蔵が
ゴール地点になっています。当日はゴールされた方々にゆっくりと
休憩していただけるように駐車場にご休憩場と地場産品の販売、生酒販売、
地サイダーにタピオカココナッツミルク、そして金剛山麓のベーコンなど
地元中心の物販も行います。ウォーキングに参加された方だけでなく
どなたでもご利用できますのでお昼前からの販売にお越しくださいませ。
チラシは下記となりますのでクリックしてください。
11月にも酒蔵ゴールのイベントがございます。

秋の限定酒販売開始

 

秋の日本酒といえば「ひやおろし」。夏を超えて熟成した味は秋の味覚と
ばっちり合うお酒です。燗よりも冷やでじっくり味わってほしい限定酒です。
また南大阪の秋の祭礼といえばだんじりですが漢字で書くと「地車」。
天野酒ではこの時期だけレギュラー酒のラベルを「地車祭」に変更し、
販売しております。神社への献酒や祭りのあとの直会(なおらい)に
是非ともご用命いただければと思います。
因みに「地車祭」の商標権は弊社が持っているので他社は使えない
独占ブランドとなっています。

藤井寺市にある藤本酒造

今日は鏡開きに使う木槌が足りないので藤井寺市にある藤本酒造さんに
木槌をお借りしに伺いました。酒蔵が街道に面していてお寺も近くにあり
酒蔵をとりまく風景はなかなかのものです。弊社と同じく行政主催の
ウォーキングイベントなども企画されるようなことをおっしゃっていました。
観光資源としての酒蔵の存在価値が近年盛り上がっているのは我々地酒蔵
としては追い風であり、地域唯一となりつつある昨今では一般客からも
関心が高く、町のミュージアムと言ってもいいかもしれません。
酒造りは最盛期からみると激減の一途ですが、地元の食文化遺産と
して絶対に生き残っていかなければならない使命があると思っています。
是非皆さんでひっそりとしぶとく続けている我々のような零細蔵のファン以上の
サポーターになっていただき地味な繁栄をささえていただければと思います。
人頼みはいけないとおもいつつも清酒業界を見るにつけ、零細蔵は
生きる道がほぼ決まってきているのが現状です。

兵庫県特A地区の山田錦に災害なし

報道で和歌山、奈良で特に大きな災害が出ているようです。
兵庫県でも田んぼが冠水している映像が流れていたので
気になって兵庫県東条の農家に災害状況を聞いてみました。
特A地区といわれる山田錦の最高級の米が取れるエリアは
近隣で被害が出ているものの全く影響がないとのこと。
良かった、胸をなで下ろしました。放射能風評被害で
一般米で価格のつり上げにあっている中、さらに山田錦で
台風被害になんてことになると踏んだり蹴ったりです。
なんとか収穫までもう台風が来ないことを祈るだけです。

河川増水で避難中

台風の影響で長雨が続きました。もっとひどい雨が続くかと思いましたが
思ったほどでは無かったように思います。奈良や和歌山では大変な被害が
出ているのでお隣の河内長野でも結構被害が出るかと危惧していたところです。
酒蔵横を流れます西條川は山間部に降った雨の影響で大増水となっています。
いつも可愛い姿を見せてくれるカルガモ兄弟も逃げ場がないのか少しだけ
残っている草むらに4羽が避難中。蛍の幼虫もひ避難できているのか少し心配です。

なでしこジャパン2勝目

オリンピックアジア予選対韓国戦でからくも勝利。勝ち点6で首位です。
あの堺市出身の阪口選手が先制のゴールを前半早々に決め、大活躍を
してくれました。送ったなでしこラベルの天野酒が少しはパワーになって
くれたのかはわかりませんが、とりあえず連勝で良かったです。
明後日はオーストラリア戦でまたタフは試合が予想されます。
男子はW杯3次予選がありますし、野球よりもサッカー応援で
しばらく忙しくなりそうです。

台風接近中

台風12号の影響で雨が降ったりやんだりで鬱陶しい天気です。
明日が一日雨風で荒れ模様となりそうです。お気を付けください。


先ほど報道ステーションの天気予報の中で低気圧が近づいていることが
見て取れる現象にポテトチップの袋がパンパンに膨らむというので
家にあったお菓子の袋を見るとなるほど買ったとき以上に膨らんで
いました。台風が近づいていることがよく分かりますので皆さんも
お菓子の袋を見てみては?

ホーム > アーカイブ > 2011-09

検索
フィード
メタ

Return to page top