ホーム > アーカイブ > 2011-08

2011-08

古代米用石包丁作り体験会

今日は市のイベント「石包丁作り体験会」に子供を連れて参加しました。
6月に田植えをした古代米の連続シリーズ第2回目の講座です。


まず高向の歴史講座をわかりやすく解説したあと、皆でブロックを砥石に
して石包丁作りを体験しました。わずか一時間では完成するまでもなく、
持ち帰って続きをしなければなりません。砂岩の柔らかな石だと加工も
しやすいのですが、六方石という非常に堅い石のため、子供達には結構
大変な作業です。私でさえもこの1時間では磨きがほとんどできませんでした。
次回は9月終わりに今回の石包丁で古代米を収穫し、土器で炊飯をして
食す予定となっています。


これは1400年前の古代人の石包丁です。ドリルで穴を開けたような綺麗な穴が
空いてました。当時は生活に欠かせない道具だったでしょうから
時間をかけて使いやすいものを作ったんでしょうね。
現代の時間のかけ方と当時は全然違ったのだと思います。
寿命の短い時代でありながら物作りには今の何倍もの時間を掛けていた古墳時代。
寿命が延びて何でも便利に早く作れるようになった現代。
あくなきスピード化が進むこの時代、社会や自然への歪みを生んでしまうことは
避けられないと感じずにはおれません。

やってしまった・・・。

今日、家内と通話したあと携帯を落としてしまった。
悲惨なことに・・・。

画面がばりばりにヒビってます。以前使っていた機種にSIMを付け替えて
5月まで使うか、高い修理費を覚悟するか、はたまた機種変するか
考えないといけません。私のようなことにならないよう
皆さんもお気を付けくださいませ。

これが清酒業界の現況です。

業界紙に清酒業界の業績調査の結果が出ていましたのでご紹介しておきます。
これが日本酒業界の現状なんです。まさに斜陽産業の日本代表候補です。
大手16社が全体の半分以上のシェアを独占していることからも業界の舵取りを
担っています。価格競争やシェア争いばかりせずに日本酒の将来をもっと考えて
もらわないと業界はいつまでもよくならないです。我々中小零細蔵では清酒業界に
一石を投じることはあまりに規模が違いすぎてできません。
ただできることは大手にはできない地域性を生かした時代に流されない
不変のお酒を提供し続けることでしょうか。
儲かりませんが・・・。

沿線フリーペーパー「P+natts」に掲載されました。

南海沿線のフリーペーパー『P+natts』に弊社直営居酒屋なまくら他、蔵の商材が
掲載されましたのでご案内しておきまます。

今日の古代米

地元で手植えした古代米がすくすくと育っています。
子供達と一緒に田んぼへ見に行ってきました。
魚眼レンズ使用


スズメ被害から守るためのネットを張る準備も整って
いました。もう実がつきはじめ周りの稲穂とは明らかに
生育が違っていました。でもうちの子供達は米よりカエル
の方が興味があるようでそっちばかり。
今月21日にはこの古代米を刈り取りするための石包丁を手作り
する予定。市のふるさと文化課が主催です。
前回の田植えに参加された方のみが対象ですのであしからず。

お盆休み最終日、地デジ・BSデジ化完了。

社員のお盆休みも今日までです。明日から全員出勤となります。
酒蔵はずーっと営業していましたが、この暑さで売上もイマイチだったと
感じます。地サイダーやラムネは売れますが、中元返しにもこれだけ暑いと
ビールや清涼飲料系を選ぶ方が多いのではないでしょうか。
清酒の出番は減るばかりです。

でもって、今日は奥さんに店頭を任せて私は屋根に登ってBSアンテナを取り付けました。
従業員よりせっつかれていた地デジ化の工事を先日一人で完了させました。
ついでにBSアンテナも会社にねむっていたので取付け作業を行い、これも完了。
自分でやって上手く設置できたときの喜びって結構ありますよね。
この手の工事って以外と業者任せにすると配線が適当で汚い工事になることが多い。
自分でやると配線の取り回しなんかもじっくり時間を掛けてできるので
綺麗にまとめることができたりします。
先般事務の女性から
「社長、器用ですね。電気工事の資格をもってはるんですか?副業できますね。」
ですって・・・。
馬鹿にせんといて。本業以外に興味ないわ。テレビのアンテナごときで驚かれても。
みんな自分でしないんですかね?一度やってみると誰でもできる作業なのに・・・。

イーモバイルの通話が改善しました。

5月から使っているイーモバイルのスマートフォンですが会社の屋内に
入ると電波が届かず通話ができませんでした。どうやら屋内は
電波が届きにくい特性のようでこのままでは通話機として
使い物ならない。で、直接イーモバイルにクレームを入れましたら
省電力レピータ(小型基地局)を事務所に無料で取り付けにきてくれました。
それがこれ。

酒蔵の屋根にはこんなアンテナを取り付けてあります。
ここで拾った電波をレピータで屋内に発信するしくみのようです。

おかげで事務所内の受信感度はバリ4となりました。
酒蔵内は広くまだ使えない場所があるので 改善してほしいと
さらにいいましたら業務用の大きなものを後日取り付けに
来てくれることになりました。全部無料です。
ネットではあまり評判のよくないイーモバイルのサポートですが
うちに限ってはすごく良かった。
「無料での取り付けは大変ですね。」と聞いたところ解約される
のが会社的に一番辛いと言ってました。携帯会社は契約数や
シェアが何を置いても一番重要視しているようです。
機器のコストを考えると一契約者にレピータを付けていると
かなりの年数を契約してもらわないと赤字でしょうね。

ナショナルジオグラフィックに中田ヒデさんの記事掲載

ナショナルジオグラフィックという雑誌を定期購読しています。
自然や文化をテーマに日本人カメラマンでは撮れない迫力のある写真が多く掲載されていて読み応え
もあるカルチャー系の雑誌です。私の中の写真の善し悪しはこの雑誌からの影響を多く受けているほど
写真の内容が濃ゆい雑誌です。先月号の付録に中田英寿さんの世界と
日本を巡る旅の話とこれからの若者に何を伝えていきたいのかが
書かれていましたのでご紹介しておきます。
彼の考え方がいいですね。
弊社にご来店いただいた時に全く同じ事を切々と話してくれました。
いやぁ~、カッコイイですよ、この人。日本人だわ。
私も日本のことをもっと知らないといけないと改めて思います。

Facebookで30年ぶりの再開

 

 

左2名かなり酔ってるの図

Facebookを通じて30年ぶりに高校時代の同級生と繋がり梅田HEPで再会。
飲み会をしました。
高校卒業後、大学進学そして全く会うことなく社会に出て行ったので
どうしているのか凄く気になっていました。
Facebookの学歴でたまたま存在を知り、今回の再会とありなりました。
Facebookというものが世の中になかったら、おそらく今後の人生で彼らと
再会することはなかったかもしれないと思うとすごく感無量な気分です。

今回集まったメンバーはドコモ本社の部長、運送会社経営、
税理士事務所経営、検察庁検事、酒蔵経営と
どうやったらこんなメンバーが集まるんだと言うほどの異業種揃い、
皆その道で大活躍しています。今までにそれぞれが歩んできた
道のりを聞くだけで4時間があっという間に過ぎ去りました。
話足りないのでまた続きをやることで一致。
次回はもう少しメンバーを増やしてやりたいと思います。
昔の仲間、いいですわ!

びんがた染め完成

沖縄で子供達が自由課題として選んだびんがた染めが完成しました。
現地で色付けを行い、自宅でじっくり乾燥させたものをお湯に浸けて
何回か洗浄し、乾燥させるとこのような色合い、風合いが出てきました。
正直現地で作っているときはこんなに綺麗に色がでるとは思いもしな
かったので嬉しい誤算です。色がグラデーションに染まっているところ
なんかはじめてにしてはいい感じ。

ホーム > アーカイブ > 2011-08

検索
フィード
メタ

Return to page top